郵便局の格安スマホのメリット・デメリット

郵便局に行ったら、格安スマホのパンフがあってビックリしました!

郵便局 格安スマホ パンフレット

「まさか郵便局まで格安SIMに参入?」と思ったら、IIJmioの受付窓口というスタンスのようですね。

パンフレットを貰ってきたので、詳しくチェックして、メリット・デメリットを洗い出したので、参考にしてください。

郵便局の格安スマホ【メリット・デメリット】

郵便局の格安スマホは、↓こういう条件になってます。

  • プランはミニマムスタートプランの音声SIMのみ
  • 富士通 arrows M04とのセット販売のみ
  • 利用料・端末代はIIJmioと同じ
  • 訪問サポートがある(別途10,000円)

大まかな特徴はこんな感じです。

メリットと言えるのは、訪問サポートですが、別途10,000円もかかります(ノ_・。)

訪問サポートじゃなくて、郵便局でサポートが受けられるならメリット大きいですが、最初の設定だけ訪問してもらっても、最初の設定が出来ない人は、その後も困ると思いますし、1万円はちょっと高いですよね。

となると、操作サポート500円/月に加入することになります。

 

『スマホがゆうパックで自宅に届く』というのも表紙に大きく書かれてますが、「他の窓口から申し込んでも、宅配便でとどくし、、、」という感じです。

スマホがゆうパックで自宅に届く

また、郵便局で受け付けるんだから、利用料をゆうちょ銀行の引き落としにできればいいんですが、『支払いはクレジットカードのみ』だそうです。これも残念ポイントです。

支払いはクレジットカードのみ

プラン紹介ページには、フルサポートプランという4,170円/月のプランも紹介されてましたが、通話オプション・端末保証は分かるけど、操作サポート・ウィルス対策は微妙な気がします。

郵便局 格安スマホ プラン

唯一見てみたいと思ったのが、「ゼロからはじめるやさしい格安スマホ入門」です。富士通監修というから、M04に特化したマニュアルなんでしょうね。160ページも何がかいてあるのか興味あります。

ゼロからはじめるやさしい格安スマホ入門

郵便局で格安スマホを買うべきか?

結局、パンフレットをチェックしても、郵便局で格安スマホを買うメリットが少ない気がしました。

初期設定や操作サポートを付けなきゃいけない人は、「キャリアの方が無難じゃないかな」と思ったりします。ショップに行けば教えてもらえますからね。

きっと高齢者をターゲットにしてるんでしょうが、私は「ガラケーを無理にスマホにする必要ない」と思ってるので、郵便局で格安スマホに乗り換えるメリットは無いように思います。

すぐ聞ける人と一緒に住んでいたり、近くにいるなら別ですけどね。←だとしたら、郵便局の訪問サポートとか操作サポートなんて必要ないし、他で契約した方が得だと思います。

やっぱり、郵便局の窓口サポート・ゆうちょ銀行振替があれば、おすすめできますが、ただのIIJmioの申込み窓口というならナシだと思います。



スポンサーリンク

コメントを残す