Aterm MR04LNで使えたSIMアダプターを紹介

Aterm MR04LNは、本体の裏面 SIMスロットル近くに↓このように書いてあります。

SIM変換アダプタは使用しないでください。

説明書にも↓この通り、最重要項目として「SIM変換アダプタを絶対に使うな」と書かれています。きっとアダプターを使ったことによる故障や苦情が多いんでしょうね。

Aterm MR04LN 説明書

とは言っても、【SIMは小さいサイズを選べ】というのがセオリーな中で、Micro SIMで契約したくないというのも本音、、、。他でもない私もiPhoneSEに挿してたnano SIMで使い始めました。

もちろん、SIM変換アダプタを使ってです。その時使ったSIMアダプタを紹介します。

Aterm MR04LNに使ったSIMアダプタ

Aterm MR04LNを使うために買ったnano SIM → Micro SIM アダプタがCiscle SIM 変換アダプタです。ネットを散々調べて、「コレが良い」ってレビューが多かったので選びました。

Ciscle SIM 変換アダプタ

一般的なSIMアダプタは、片側にフィルムの付いた枠に乗せるだけで、ひっくり返すと落ちる代物です。それがCiscle SIM 変換アダプタの場合、フィルムに両面テープが付いていて落ちない仕組みになってます。

↓これが裏面です。
SIM変換アダプタ

分かりにくいですが両面テープでSIMカードが付いています。スマホもルーターも精密機器ですから、ちょっとした厚みの差で挿入できなくなりますので極めて薄いフィルム・テープが使われています。恐る恐る挿入したところ、私の場合はこれで普通に使えました。

Aterm MR04LN

一番怖いのは外すときで、よくあるトラブルはSIMが脱落して取れなくなるケースです。これも私の場合ありませんでした。というワケで、Aterm MR04LNをnano SIMで利用できたわけですが、あくまでも自己責任でお願いします<m(_ _)m>

本来はメーカーが言う通りSIM変換アダプタは使っちゃいけませんからね。



スポンサーリンク

コメントを残す