Moto G5 Plusはau系格安SIMがダメ

Moto G5 Plusはau系の格安SIMを挿しても有効に使えない可能性がある事が分かりました。また一歩購入への意欲が削がれてしまいました(>_<)

別にMoto G5 Plusの荒探しをしてるわけじゃないんですが、本気でZenfone3からの買い替えを考えると、どうしてもZenfone3と比較してしまうんですよね。

Zenfone3
↑愛用中のZenfone3です。

というワケで、Zenfone3とMoto G5 Plusの対応バンドの違いを見てみましょう。

Moto G5 Plus 対応バンド 比較

Moto G5 Plusの対応バンドがコチラ▼

  • LTE:B1/3/5/7/8/19/20/28/38/40/41
  • W-CDMA:B1/2/5/6/8/19

Zenfone3の対応バンドがコチラ▼

  • LTE:B1/2/3/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41
  • W-CDMA:B1/2/5/6/8/19

それぞれ、共通しているバンドが黒字で、共通していないバンドが赤字です。

Moto G5 Plusだけが対応してるのがB20、Zenfone3だけが対応してるのがB2/18/26/39です。

そして、auがLTE通信で使っているBANDがB1/11/18/26/28/41です。このうちB18がB1と共に主力でB18がプラチナバンドになります。B41はWiMAXですから関係ないです。

Moto G5 Plusは、BAND1は対応していますがB11/18/26/28に対応していないわけです。これじゃダメですよね(>_<)

そもそも、au回線には非対応と紹介しているページも少なくないです。となるともう、UQ mobileの速い回線で使うのは絶望的ですね。

逆に考えると、Zenfone3って優秀ですね~。au回線にも対応していて、コンパス・手ぶれ補正も付いているんですからね。

と書いておきながら、もうしばらく検討します。



スポンサーリンク

コメントを残す