格安スマホに防水・おサイフケータイは必要か!?

「格安スマホに替えたいんだけど、どれがいいだろう?」と最近よく聞かれます。私はZenfone3を使っているので、「Zenfone3が良いと思うよ」と答えるようにしているんですが、結構な頻度で「防水じゃないよね?」と聞かれます。

Zenfone3

私は今まで防水のスマホを持ったことが無いので、風呂で使ったこともないし、濡れることが心配されるアウトドアで不用心に取り出すこともしないです。先代のiPhone6sまではiPhoneすら防水じゃなかったのに、スマホ=防水が当たり前なんでしょうか?

防水がどうしても必要なら、「格安スマホはお勧めしません」と答えてます。

防水の格安スマホはスペックが低い

格安スマホは基本的に防水じゃないと考えてください。

Zenfone3のASUS(エイスース)も、Mate9・honor8・P9 liteなどのHUAWEI(ファーフェイ)も防水の格安スマホは販売していません。この2社が日本の格安スマホ界を引っ張っていると言っても過言じゃないです。

この2社はロースペックな物からハイスペックな物まで揃えているので、価格で選べるのが魅力です。ちなみにASUSが台湾でHUAWEIは中国です。

一方日本のメーカーだと、arrowsの富士通、AQUOSのシャープ、DIGNOの京セラが格安スマホを出していて、防水・防塵、おサイフケータイ・ワンセグ対応が売りなんですが、やっぱりCPUやメモリ、内部ストレージの量などのハードのスペックは高いとは言えません。

比較的価格は安いですが、スペックも値段相応と言わざるを得ません。価格帯による選択肢がないのも痛いです。

国内メーカーにはもう少し頑張ってもらわないと、格安スマホに関しては中華系メーカーにはまるで歯が立っていないのが現状です。

防水やおサイフケータイ機能が付いていて、スペックも良いスマホを、、、と思うなら、キャリアのXperia・GalaxyシリーズやiPhone7を選んだ方が良いでしょう。若しくは、現状のスマホを格安SIMで運用する事を考えた方が良いと思います。



スポンサーリンク

コメントを残す