FOMA バリュープランからカケホーダイプランへの変更は要注意

FOMAのバリュープランからカケホーダイプランへの変更は注意が必要とここに書いておきます。私がZenfone3にFOMA SIMを挿して使っているというのは前に紹介しました。

参照:Zenfone3(ZE520KL)にFOMA SIMで使用中

今月ワケあって通話が多くて、FOMA タイプSSバリュー(無料通話最大25分)から先日タイプSバリュー(最大55分)に変更したんです。

それが、また無料通話を使い切りそうな勢いなので、いっそカケホーダイプラン(ケータイ)に変更しようかと思ったんです。来月は通話しないので「来月はタイプSかタイプSSに戻せばいいや」と軽く考えてました。

でも、なんか落とし穴がありそうな気がしたので、ドコモショップに行って聞いてみました。すると大変なことが分かりました。

カケホーダイプラン(ケータイ)は月々サポートが無くなる

データ通信契約をしていなくて、月々サポートを受けているタイプSバリューから、カケホーダイプラン(ケータイ)に変更すると月々サポートが消えてしまうという話でした。

カケホーダイプラン(ケータイ)からバリュープランに戻しても、月々サポートは戻らないというルールなんだそうです。

危うくネット(my docomo)からサクッと変更しそうでした。そんな事したら大損です。この時点で「分かりました。じゃいいです」と言ってドコモショップを出ました。

 

ただ、家に戻って冷静になると、こんな疑問が浮かびました。

「カケホーダイプラン(ケータイ)で月々サポートが受けられるデータ通信プランは?」

ネットで調べると、パケ・ホーダイ ダブルというパケットパックが372円/月から使えるじゃないですか!「こりゃ良いな」と思って確認のためにdocomoに問い合わせてみました。

すると、「パケ・ホーダイ・ダブルでは月々サポートが継続されません。データSパックの契約が必要です。」と言われました。データSパックは月々3,500円ですから論外中の論外です。データSパックの料金が月々サポートの割引額の2倍以上になりますから。

というワケで、私の使い方だと「バリュープラン内でしか変更しちゃいかん」という結論に至りました。なかなか難しいですね~ホント。



スポンサーリンク

コメントを残す