楽天モバイル 完全かけ放題オプションスタート!

楽天モバイルが、通話定額オプションに完全かけ放題を追加しました!

楽天でんわ かけ放題

これまで、5分以内の国内通話かけ放題のオプションが850円で提供されていましたが、今回追加されたかけ放題オプションは、通話時間・回数無制限の完全かけ放題です。

ドコモ・au・ソフトバンクなど大手キャリアは、かけ放題プランを月々2,700円で提供していますが、楽天モバイルは2,380円です。5分かけ放題ほどの価格差はありませんが、これまで格安SIMで「完全かけ放題がない」のが障害だった方には朗報です。

楽天モバイル 完全かけ放題オプションはお得なのか?

さて、かけ放題オプション 2,380円/月は、月々どれだけ通話したらお得になるのかを計算してみましょう。

まず、楽天でんわを使うことで、デフォルトの通話料が10円/30秒になります。

単純計算で119分です。10分の通話を12回ですね。

10分の電話ってなかなかしませんよね、、、(^_^;)

このご時世、LINEやらMessenger、スカイプで無料通話できます。LINEの場合無料通話で消費される通信量は1分あたり0.3MBですから10分だと3MBです。これを12回使ったとしても36MBです。1GBは1024MBですから、36GBなんて取るに足らない消費量です。

というワケで、楽天モバイルのかけ放題オプションは、LINEなどの無料通話アプリを使えない相手で、5分以上の通話を相当回数かける人じゃないとお得にはなりません。

仕事のアポを取る電話なんかは5分で楽々済みますし、5分かけ放題と完全かけ放題の価格差が1,530円ですから、これを10円/30秒で計算すると76.5分です。

という事は、「主に5分以内で済むけど、偶に10分になる」という条件を仮定した場合、76.5分分だと15回分あります。

そうやって考えると、相当長電話を沢山する人じゃないとメリット無いですね。10分単位じゃなく20分、30分単位の電話を多用する方向けと考えていいかもしれません。

30分の電話を週1回 月4回すると120分になります。5分かけ放題だと850円で、5分マイナスされて25分を4回だと100分で、10円/30秒だと2,000円です。合計2,850円ですからかけ放題の2,380円の方がお得な計算になります。

自分の通話時間を考えて、良く計算してから加入しましょう。



スポンサーリンク

コメントを残す